春から夏のアウトドア体験情報

1:ラフティング・ダッキー 2:MTB&ロード 3:気球・パラグライダー

他に乗馬なども盛んです。 引き馬程度から林間コースなど(一部エリアでは冬もやってます)

1:ラフティング&ダッキー
ラフティング
写真のようなゴムボートに5-7人(ガイド1人含む)が乗り込み、川を下ります!
ニセコは4月中旬から雪解けにより川が増水して最高のラフティングエリアとなります。
6月上旬までは水量も豊富で、「比羅夫」から「ニセコ」までのゴキゲンなラフトが体験できます(6月上旬までは水量の関係によりお子様の参加は不可)。
ラフティング艇は強化ゴム(ケブラー繊維入り等)なので、 岩などにぶつかってもへっちゃら!なんです。
水量が落ち着く6月以降は「京極」から「倶知安」までのコースとなり、ファミリーでの参加も可能となります。気温が低いシーズンはドライスーツの装着がありますので、水に濡れません(手足や頭などの露出部は濡れます)。同じ艇になった人と楽しく遊べるように!みんなハイ(バカ)になってガイド共々盛り上げましょう!!

ダッキー
ラフティングと違って、1名or2名で川を下る、カヤックとラフトの中間的な乗り物です。
ガイドは別の艇から指示を出します、数艇に付き1ガイド艇のセットです。激流状態の時は中止されます(ラフトはします) バイクの好きな若者や、コントロールが好きな方はラフトよりもこちらをお勧めします!なんたって好きに移動できますから気分はアメンボのようです。素材等はラフトと同じですから岩などにぶつかっても大丈夫。
2人艇でカップルの相性が判ります(笑)息が合わない2人はあっちこっちにぶつかり、なかなか進めないです。

体験業者について
ニセコには大小あわせて7社ほどの体験業者があります。大体4000-5000円で半日の体験コースが味わえます。川での水遊びですから、万が一の事故対応や各種補償内容、ガイドの熟練度をよく理解されて選択されるとよいと思います。

niseko-webに参加している宿では、宿泊者へ案内もしています、値段だけで選択されず宿の情報を聞いたほうが良いかもしれません。


2:MTB&ロード自転車
MTB
MTBで野山を駆け巡る!林道に自転車を持っていくのも良いし、各アウトドア業者のMTBツアーに参加するのも良い。
「NAC(ニセコアドベンチャースポーツ」が行っているMTBはオリジナルコースで、スタッフが道無き道を開拓して作ったコース!MTBレンタルでも良いし自分の車両持ち込みでも良い、コースまで往復してくれる。

ダウンヒル
ニセコアンヌプリスキー場ではダウンヒル大会が行われている(JALカップ等)大会日程などはスキー場に問い合わせて欲しい。

ニセコパノラマライン下り
ロードを自転車で高速に下ります!人と自転車をパノラマライン中間部の神仙沼駐車場(標高700mほど)に送り、ニセコ方面に一気に下ります。
約12Kmの長い下りを楽しみます。各業者にて送迎等行っています。

羊蹄山周遊道路
一周約50キロ、羊蹄山を眺めながら田園風景の中を走ると美瑛辺りにいるような錯覚を起こしてしまう場所がある、途中にある噴出し公園は名水百選に選ばれた美味しい水が飲める絶好の休憩場所、真狩温泉や京極温泉もお勧め!


3:気球搭乗&パラグライダー
熱気球体験搭乗(係留)
日航アンヌプリさん(スキー場駐車場)とセゾンクラブさんで、夏の間だけ朝夕行っています。朝は6〜7時頃、夕方は5〜6時頃の風の無い日にふんわーり60m程度上昇して同じ場所に降ります。時間は約5分で、料金は2000円程度。近くから見るだけでも迫力です。

パラグライダー
アンヌプリスキー場とルスツで行っています、体験とタンデム(2人乗り)があります。
体験は1人で浮く程度まで、下部で走り回って行います。
タンデムはガイドに金具で繋がれて、空の散歩を行います。
フライト料はおおよそ8千円〜1万円くらい。




【HOME】